樹慧の Healing Salon Ananda

♪愛が溢れる日々をすごしましょう♪
 

0000234961.jpg

HOME ≫

全ての人が同じ宇宙意識です


 

 

2010年に、大きな意識の変化があって、それ以降約5年かかって、球体に例えればざっくりとですが一周し、その全体観を捉えることはできたのではないかと感じています。
 

球体を作ろうと中心から外に向かい線を引くと、引ける線は無限にあり、線の引き方が細かければ細かい程、まんまるな球体になるかと思います。

 

無限に引くことのできるその線を次元とするならば、まんまるな球体の宇宙を創るには、無限に次元の線を引き続けて行かねばなりません。

無限の次元の線を引くとは、無限の視点を持つ事と同様の事を指します。

 

中心の源の中に入ると、そこにはエネルギー(光)しかありません。

外の世界(分離の世界)を見ようとしても、フィルターを通さないと見ることができません。

そのフィルターの数が多ければ多い程、分離の世界が豊かに創造されてゆきます。

 

一方、創造された側である分離の個の私は、光だけでは体験できないので、肉体という着ぐるみをまといました。

何かになろうとする必要もなく、在るがままで過ごし何を想い感じるか、それを知りたくてここに居ます。

それを純粋に感じるためには、脳で思考して作り上げた、観念や概念は必要ありません。

 

以前ハート(体でいえば心臓のあたり)を中心に、体をリバーシブルにしたことがありました。

すると、外の宇宙に出てしまい、内なる宇宙は、外の宇宙はつながっていて、同様の物であることを知りました。 

その辺りから宇宙全体の仕組みが見え始めたと思います。

 

そして、根源と分離の成せる、それらの一連の出来事を観ているのが、本当の私であり、さらには私という感覚すらない、ただ観ている何者かということを知りました。

 

ツインレイ(魂の片割れ)も、源(一元)から見れば、分離(二元)を観る時の視点の一つであり、分離の概念です。

しかし同じものを分離(二元)側から見ればそれは実在であり、体験体感として魂の記憶に刷り込まれてゆく情報の一つでもあります。

 

源、分離、それを見ている意識体、これらの関係性を体感として腑に落とし、自我の全てを受け入れた状態が、地球でいう「悟り」と言うものでしょうか。

これは私の覚醒の体感であり、表現は人の数だけあります。

 





 ↓ 対面セッションはこちらからご覧ください
https://jeweln.amebaownd.com/






モバイルサイト

Healing Salon AnandaスマホサイトQRコード

Healing Salon AnandaモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!